中小企業のための給与制度・評価制度再構築の進め方

セミナーへの参加をご希望の方は、下記専用フォームから、またはFAX用紙をダウンロードして必要事項をご記入の上
お申し込みください。

【ご来場の皆様に下記資料を進呈します。】
1.ノウハウ豊富なテキスト 2.都道府県別生計費データ 3.同業賃金データ 4.人事考課サンプルシート集

内 容

第1部
①中小企業の人事課題への対応法と
 「役割基準」による制度構築のポイント
 人材不足・採用難に対応するための賃金制度改革
 新卒者の採用難、中途社員の早期退職の原因
 社員のモチベーションを喚起する賃金決定方法
 経営環境に適合し、社員の納得性が高い賃金決定法
 自社の人件費・社員個別賃金の分析方法
 一般社員と管理職社員の賃金逆転現象の問題

②「役職」「等級」「基本給」「諸手当」
 人事・賃金基本制度の構築法
 昇給原資の有効配分のための基本給一本化の考え方
 優秀な社員の納得性を高める基本給体系の設計法
 「良い手当」「悪い手当」を見極めるための考え方
 手厚くしていくべき手当の種類と属人的手当の相場
 いま主流になっている「ゾーン型賃金表」の設計法
 従来からある代表的な2種類の賃金表との違い

【講師】
日本コンサルティング株式会社  コンサルタント 伊東 健
製造業やIT企業など幅広い業界で、「人事賃金制度構築」を支援。中小企業診断士。

第2部
①これまでの人事考課制度の問題点
 中小企業でも作れる独自の評価表とは
 人事考課表は必ず自社独自のものを作る
 自社に合った人事考課構成要素の組み立て方
 「職務・役割基準書」の作り方と
 「目標管理制度」を失敗させないポイント
 【人事考課表事例紹介】
 業種別、規模別、特性別の考課表作成のポイント

②人事評価の給与・賞与への反映方法
 人材育成が進む制度運用のポイント
 人事考課結果は、絶対配分か相対配分か?
 評価分布の考え方、原資配分制度の設計方法
 昇給評価は5段階、賞与評価は7段階にする
 昇給格差、賞与支給額格差のつけ方
 人事考課制度成否は実際の運用次第
 評価基準のズレを排除し人材を育成に取り組む

【講師】
日本コンサルティング株式会社  部長 渡邉 英樹
中小企業から300人規模の企業まで幅広く「人事賃金制度構築」「管理職教育」に取り組み、50社以上の支援実績。中小企業診断士。



開催要項

日程 2018年12月6日(木)  13:00〜16:00
(受付開始 12:30〜)
会場 トレンドビル6階 6−A室
仙台市青葉区一番町4丁目4-33
地下鉄南北線「広瀬通」駅徒歩4分
受講料 お一人様 5,000円(テキスト代・消費税含む)
備考 お申込受付後、案内図と受講票をお送りいたします。
お問い合わせ 日本コンサルティング株式会社 
TEL:03-6226-2366(担当:伊東・中島)
ホームページのお申込みは以下フォームから FAX用お申込用紙(PDF)ダウンロードはこちら

 

セミナーお申し込みフォーム

お申込みは、下記のフォームからお願いします。
❊印の必要事項をご記入のうえ、”送信”ボタンを押してください。


2018/12/06(木) 仙台市開催 「中小企業のための給与制度・評価制度 再構築の進め方」
セミナーお申し込みのきっかけ 





法人名 
業種
出席者1    役職 
出席者2    役職 
E-Mail 
郵便番号  (例)060-0000
都道府県
市区町村
番地  (番地・ビル名)
電話番号  (例)011-111-XXXX
FAX  (例)011-111-XXXX
備考
(600字以内)
【ご注意】
メールフォームでお申し込みいただいた後、開催日1週間前になっても当社から連絡がない場合には
お手数ですがお電話(TEL 03-6226-2366)にてお問い合わせください。

   

フォームを使用しないで、メールをお送りいただくことも可能です。
seminar@j-consul.jp 宛てにお送りください。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

メール

メール

ページトップ